町村農場のあゆみ

創業者・町村敬貴(まちむらひろたか)の肖像

夢の舞台は石狩平野にありました

1906年

札幌農学校を卒業したばかりのひとりの青年が、
単身アメリカ合衆国へと渡航を果たした。
合衆国中北部ウィスコンシン州での酪農実習と留学経験は
今からは想像を絶する試練と苦労を彼にもたらす。
彼の滞在生活は、10年という驚異的な年月に渡った。

1917年

彼は再び北海道にいた。
実習先のアメリカの牧場主からの強い慰留を断り
今の石狩川樽川地区に、夢の一歩を踏み出す。
町村農場の誕生である…。

1927年

10年後、夢の舞台を江別へと移す。
彼とその後の足跡は、日本の近代酪農の歴史に重なる。
彼の知識と経験は、日本の酪農の一時代を動かすことになる。

創業者・町村敬貴

彼の生涯のテーマは「土づくり 草づくり 牛づくり」

彼の生涯のテーマは、現在数多くの酪農家が唱えるところとなった。
純粋に「牛飼い」でありつづけることを熱望した彼の人生は、日本近代酪農の
パイオニアのひとりが生きた道筋でもあった。

このページの先頭へ

町村農場のかつてのシンボル・プレート
町村農場のシンボル・プレート(東京・丸の内店)

町村農場には責任があります

札幌という大都市に隣接しながら、乳牛の飼育、大規模草地の維持に努め、みなさまの食卓においしい牛乳・乳製品をお届けするには大きな責任がともないます。

牛が食べる牧草は、わたしたち自身が育てあげます

農場の牛たちが生産する有機肥料を基本に、栄養たっぷりの草づくりを目指しています。

牛には、ゆったりと暮らしてもらいます

おいしい牛乳を生みだしてもらうために、牧草、とうもろこしを中心に据えた栄養設計をしっかり立てて、ストレスの少ない静かな生活を提供しています。

しぼった牛乳は、すみやかに皆様の食卓に届きます

町村農場には、敷地内にミルクプラントがあります。 他のどの牛乳・乳製品よりも早く加工され、食卓にお届けする自信があります。

オンラインショップ全商品一覧へ

このページの先頭へ